普通では教えてくれない不動産の常識!
不動産の学校

それは借主からは言えないんですよ。

借りたい人

LINEで送る
Pocket

dummy

こんにちは。
今日もよろしくお願いします。

コロナ関連のワイドショーなどで
著名人がいろんな発言をします。

ごもっともな発言の中には
生半可な知識に基づいてのいい加減な発言もあります。

すべてがそうだと誤解を与えてはいけないので
否定すべきは否定しておきます。

 

 

テリー伊藤さんが家賃60万円のお店を休業され
不動産屋に掛け合ったんです。

 

ここからは想像でのお話ですが

 

コロナ禍で店を休業することにしました

店が休業なので家賃が支払えない

できるなら家賃を減額して欲しい

 

そこで不動産屋は

当面の家賃は預かってる敷金で相殺しましょう

 

おそらくそうだったのではないでしょうか。

テリー伊藤さんおそらく敷金と礼金の意味がわかってらっしゃらない。

 

ここで問題なのは

この敷金の一部を家賃に引当て相殺するということ。

 

 

これは、上記のように貸主側からは許される話しなのですが
借主側から主張はできないってことなんです。(一般論)

 

ですから不動産屋さんに相談して
家主さんに敷金相殺をお願いする。
(もっとも、不足した敷金を補填しなきゃいけませんが・・・)

 

我が権利のように主張してはいけないんですね。

しっかり不動産屋さんに相談してみてください。

 

その相談相手の不動産屋さんたちは
今回の減賃や支払猶予についてこう考えてるようですよ。

 

 

 

怖い怖いあせあせ (飛び散る汗)

私はそんなことないですよ。

キチンとご説明いただければできることは協力を惜しみません。

 

 

今日は「賃貸料と敷金の相殺」のお話しでした。

 

 

みなさまのお役に立てればなによりですdouble exclamation

 

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

店名 広島市中区小町5-28-1
営業時間 9:30〜17:30
定休日 日・祝日
店舗・事務所テナント専門HP 家賃保証HP 新築賃貸専門HP

コメントを残す

           

不動産学校長

                               
名前山藤 正信
住まい広島市

Profile

           

商売はどこまでもいっても人づくり。 不動産業を通じて人づくり。

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を 与え続けるあなたを 全力で応援しています

月別記事

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss